個人情報について

個人情報保護の基本方針

(株)ポート・リハビリサービスは、福祉用具のレンタル、販売、住宅改修など、お客様のプライバシーに関わる個人情報に基づく事業を行っており、個人情報の保護は当社にとって事業活動の根幹を成すものとして、その重要性について強く認識しております。
当社の業務に従事する全ての者が個人情報保護の理念と重要性を十分に理解するとともに、この基本方針に基づき、個人情報保護に関する法令及びその他の規範を遵守するためのコンプライアンス・プログラムを策定、実行する事により、お客様に対して「より高いサービス品質」を御提供し、「信頼され託される企業」への成長を目指します。

1. 個人情報の収集と使用

【1】 御客様に適した福祉用具を提供する目的に限定して、必要最小限で御客様の個人情報を
   御預かりし、使わせて頂きます。
【2】 御客様の個人情報の内容は常に最新のものを管理致します。
   御客様ご自身からの申し出が有った場合、御預かりした情報内容を御知らせし、修正すべき
   内容や削除すべき内容は、事実に基づき訂正致します。
【3】 御預かりした御客様の個人情報を盗難、漏洩、棄損から安全に管理致します。
【4】 御客様の同意がない場合及び法令で定める場合を除いては第三者に情報を渡しません。


2. 個人情報の管理システム
御客様の個人情報保護に関しては、より厳密に定義するためにコンプライアンス・プログラムを策定します。 私たちはそのコンプライアンス・プログラムに従って、個人情報の収集、管理、使用、開示、提供、廃棄等を行わなければならなく、また、一連の私たちの個人情報取扱いを管理・監督するための体制・諸手順を設定・制定します。

3. コンプライアンス・プログラムの目的
  コンプライアンス・プログラムは、適切な収集、管理、使用、開示、提供、廃棄等の基準の明確化とこれを運用する規程であり、個人情報への社内外の不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改竄、漏洩等の危険に対して技術面及び組織面において合理的な行動規程及び具体的な運用方法を定めます。

4. コンプライアンス・プログラムの遵守
  コンプライアンス・プログラムは、(株)ポート・リハビリサービスの個人情報に関する最高規程であり、いかなる場合でも役員及び全ての従業員はコンプライアンス・プログラムを誠実に遵守し、また社内の規程もこれを誠実に遵守する事とします。

5. コンプライアンス・プログラムの継続的改善
  コンプライアンス・プログラムは、外部環境及び内部環境の変化、この個人情報保護基本方針を具現化した計画を実施し運用した結果、さらに個人情報の保護対象者である顧客からの声、などを総合的に検討して継続的に見直しを行い改善します。

平成29年5月1日
(株)ポート・リハビリサービス
代表取締役社長 齊藤 壽久